MYHOME NOTE

住宅ローンの返済大丈夫?

以前から住みたいと思っていた地区を車で通りすぎると「分譲住宅販売中!」の看板が。勢いでそのまま家族そろって内覧へ!建物も素敵でデザインや間取りも申し分ない。子供たちの学校も近いし、スーパーやバス停もあり立地も最高。ただ、ちょっと価格が予算オーバー。担当の営業に相談すると「とりあえず銀行に住宅ローンの仮審査を出しましょう」と言われ、必要書類を揃え仮審査へ。

仮審査が通れば、銀行から融資を受けて購入できるそうだ。ドキドキ、待つこと1週間。営業の方から連絡があり、仮審査が通ったとのこと。月々の返済は少し高いが、銀行が自分の収入やローン、今回の借入希望額をみてOKしたんだから大丈夫だろう!

本当に、大丈夫でしょうか。

銀行さんはあくまでもルールに従って与えられた数字を計算して融資をする、しないを決定しているだけです。そのご家族そのご家族でライフスタイルが違うように住宅購入から一生を終えるまでに必要なお金もまたそれぞれのご家族で違います。

たとえばお子様のいるご家庭では今後養育費がかかります。これは、住宅ご購入時のお子様のご年齢によっても今後かかる養育費は違います。車の買換えがあったり、お子様の結婚される際の費用もあります。戸建ては維持管理費用(メンテナンス費用)や固定資産税などの税金もかかります。老後の貯金も必要です。住宅ローンを払いながらそんな費用も貯めておかないといけないですよね。

毎年家族旅行に行きたいし、子供が20歳になったら海外旅行!家族の誕生日にはちょっと高級なレストランでお食事♪そんな家族の楽しみも、住宅ローンの返済が一杯一杯で叶わないとしたらどうでしょうか。当然ながら、銀行さんもそこまで考慮して融資の決定をしているわけではありません。

そんな時、ご相談頂きたいのがファイナンシャルプランナー(FP)さんです。数年前までは、銀行の融資審査の結果のみで購入するかどうかを決められる方がほとんどでしたが、最近はファイナンシャルプランナーと人生設計をしながら、お住まいを検討するという流れが主流になりつつあります。ご家族構成や月々の収入や支出はもちろん今後のイベント(入学・結婚・退職など)を想定し、それぞれにかかる費用を出します。その中で、住宅ローンを月々いくらまでなら支払えるかを検討します。現在は弊社を含め、ほとんどの住宅会社さんがFPさんを無料で紹介してくれます。

FPさんとお客様のお話は、FPさんによっても違うと思いますが、弊社の場合は平均2~3時間のお話を2~3回して頂いています。マイホームをお考えの際は、なるべく早い段階でFPさんとお話をされて、その上で住宅購入のご予算を決められることをおすすめします。大きな買い物の前に、少し時間をかけてしっかりした資金計画をつくりましょう。そのために、是非FPさんを利用してみて下さい。

©︎広電建設株式会社1971 - 2019