MYHOME NOTE

住宅購入時にかかるお金について 注文住宅編

今回は注文住宅にかかる諸経費について

諸経費とは?

分譲住宅に購入時にかかる諸経費についてはこちらをご覧下さい→ブログ記事

注文住宅購入時に必要な諸経費

注文住宅購入時に必要な諸経費は、分譲住宅とちょっとだけ違います。その違いも合わせて解説していきます。

住宅ローン借入費用

住宅ローンを借りる際に必要な費用です。事務手数料や保証料、団体生命保険料、振込み手数料、金銭消費貸借契約書の印紙などがあります。金銭消費貸借契約書とはローンを借りる際に、借りる方(購入者)と銀行の間で交わす契約書のことです。契約書を交わす際、印紙が必要になりますが借りる金額によって印紙の金額も変わります。
例えば

  • 500万円を超え1000万以下 1万円
  • 1000万円を超え5000万円以下 2万円
  • 5000万円を超え1億円以下 6万円

になります。

ここまでは分譲住宅と同じですね。銀行や住宅ローンの種類によってかわりますが、注文住宅は土地と建物でそれぞれ金銭消費貸借契約書を交わすことがあります。その場合は印紙も倍の2枚必要になります。

そして事務手数料や保証料などの費用は銀行によって違います。また保証料や団体生命保険料は現金で払う場合やローンの金利(利子)に含まれてたり、金利に上乗せする形で支払う場合があります。なので、住宅ローン借入費用については、融資を受けられる銀行を決められるに当たって、事前に確認しておくことが大切です。

ここもほぼ分譲住宅と同じですが、注文住宅は土地と建物とそれぞれで決済(お金の支払い)があるので事務手数料や振込み手数料が2回分必要になります。さらに、住宅ローンの一部を先に支払う、「つなぎ融資」を利用して土地の代金を支払う場合はつなぎ融資手数料がかかり、つなぎ融資の金額に対して金利がかかります。

登記費用

不動産などの重要な権利は法務局の管轄のもと公開された帳簿によって管理・保護されています。たとえば、この土地は誰がいつ購入したか、所有者は誰なのかなどがすべて登記簿に記載されています。住宅を購入したということは売り主から買主に所有権が移るということなので、登記を新たに書きかえないといけません。また住宅ローンを利用して購入される場合は抵当権(住宅ローンの担保)の設定も行います。

そんなちょっと難しそうなことをやってくれるのが司法書士さんで、その手数料と登記するのに必要な実費を合わせて司法書士さんにお支払するのが、登記費用です。この登記費用には、不動産登録免許税などの税金も含まれています。
購入される物件が具体的な場合はお見積を出してもらうこともできます。

ここも分譲住宅と同じですが、ローンの種類(つなぎ融資を利用しない住宅ローン)では土地代金支払い時、建物代金支払い時でそれぞれ抵当権を設定するので、その分金額が高くなります。

火災保険・地震保険

住宅を購入する際、特に住宅ローンで購入される場合は必ず必要なのが火災保険です。火災保険はその名の通り、家が火事になった場合の保険です。他にも災害や、オプションなどで家具や水災に対しても保険を掛けることができます。そして今は地震保険にも入られる方が増えています。ちなみに火災保険は10年間分を、地震保険は5年間分をまとめ支払います。火災保険に関しては保険会社によって内容や金額が違いますが、こちらも登記費用と同じでお見積を出してもらうことができます。こちらは分譲も注文もまったく同じです。

仲介手数料

売主と買主の間に販売会社(不動産仲介業者)が入っている場合、その仲介役の販売会社に対して支払う手数料です。金額は一般的に購入代金の3%+6万円+消費税です。

固定資産税清算金

土地や建物などの不動産には固定資産税という税金がかかります。その年の1月1日時点でその不動産を所有している人(会社)に1年分の固定資産税が請求されます。例えば、2019年1月1日に広電建設が所有している分譲住宅Aがあったとします。広電建設には分譲住宅Aにかかる1年分の固定資産税が請求されます。それを2019年の7月1日に購入者に引渡した場合、2019年の1月1日~6月30日分の固定資産税を広電建設が負担し、2019年の7月1日~12月31日分を購入者が負担するということです。ちなみに固定資産税清算金は日割り計算になります。

こちらは注文住宅の場合は、土地の固定資産税に対しての固定資産税精算金を支払うことになります。

施設整備納付金(水道負担金)

水道メーターの設置・整備にかかる費用の一部を負担頂くものです。一般的な住宅だと税別135,000円になります(広島市)注文の場合は、まずどこまで公共の水道が来ているか確認する必要があります。宅地内になければ、引き込み工事等の費用が発生します。ガスも同じです。

印紙税

印紙は売主と買主の双方で準備するのですが契約金額によって印紙代がかわります。
例えば

  • 1000万円以下の場合5000円
  • 50000万円以下の場合は10000円
  • 一億円以下は30000円

となっています。(2019年度)

注文住宅の場合は土地と建物(請負)とそれぞれの契約書に印紙が必要になります。

その他工事費用

注文住宅は分譲住宅と違って一から家をつくる作業です。そのため工事の際には色々なことが想定されます、上げればきりがないですが、よくある代表的なものをご紹介します。

  • 地盤補強工事(地盤調査の結果、地盤補強が必要だった場合)
  • 解体工事(計画地に古家が立っている場合) 平均80万円~100万円
  • アンテナ設置費用(※) 平均10~20万円
  • 外構工事(※) 平均100~200万円
  • 浄化槽の設置工事(※) 大きさによる

※本体工事に入っている場合もあるので確認して下さい。

購入後にかかる費用

最後に、ご購入後、もしくはお引越し後すぐに必要になるであろう費用を項目のみあげておきます。今一度漏れがないか確認してみて下さい。

不動産取得税
引越し費用
家電や家具の処分費(引越しの際に捨てる物の処分費)
家具購入費用(カーテンやカーテンレールなども)
家電購入費用
照明器具
エアコン設置費用(現在お使いのエアコンの移設費用)
BS・CSなどのテレビ関係
ワイファイなどのネット関係
通勤や通学で新たに自転車・バイク・車などの購入の必要はないか

注文住宅に購入時にかかる諸経費合計

注文住宅は土地の状況、ローンの組み方によって大きく諸経費も変わるので、グリーンフォートそらので注文住宅を建てた場合を想定すると、概算になりますが、イメージとしては、

  • 住宅ローン借入費用 150,000円
  • つなぎ費用 300,000円
  • 登記費用 450,000円
  • 火災保険 200,000円
  • 仲介手数料 0円
  • 固定資産税清算金 100,000円
  • 施設整備納付金(水道負担金) 135,000円
  • 印紙税 20,000円

合計で1,355,000円。

そらのではだいたい120万円~130万円でいつもご案内をしています。注文住宅の諸費用はお家をお考えの会社の営業の方としっかりお話をされた上で把握されることをおすすめします。その際には以上のことが含まれているかどうか、今一度ご確認下さい。

©︎広電建設株式会社1971 - 2019